予防歯科

prevention

虫歯や歯周病になる前に防ぐ、「予防」に特化した歯科分野です。

予防歯科の大切さ

虫歯や歯周病になって治療するのはもちろん大切ですが、当院が一番力を入れているのは、病気になる前に“防ぐ”ための予防歯科です。
定期的に予防歯科を取り入れることで、様々なメリットが期待できます。

将来に渡って健康な歯を維持しやすくなる

虫歯や歯周病になって治療をする場合、病気によるダメージの他にも、歯を削ったり神経を取るなど、治療による歯へのダメージも発生します。
健康な歯を維持していくためには、大きな治療を行わなくて済むように、日頃から予防しておくことが大切です。

一生涯の歯科治療のコストが抑えられる

虫歯や歯周病に罹ってしまった場合、治療費や入れ歯(義歯)代、インプラント代などは思いのほか大きな出費になってしまいます。
生涯に渡る歯科治療のコストが抑えるなら、自覚症状がなくても定期的に予防歯科を受診する方がおすすめです。

予防歯科の診療内容

定期健診

虫歯や歯周病の有無をチェックします。
大人も子どもも3ヵ月に1度の健診がおすすめです。

PMTC

医療スタッフが専用の機器を使って行う歯のクリーニングです。虫歯や歯周病の原因となる歯垢や歯石を除去します。

歯石除去

毎日のブラッシングやPMTCでは落とし切れない歯石を、専用の機器によって除去します。痛みを伴う場合は麻酔を使用するので安心です。

フッ素塗布

虫歯を予防する効果のあるフッ素を歯面に塗ります。初期虫歯の治療にも有効です。

ブラッシング指導

歯の汚れに反応して色がつく薬剤を塗布し、ブラッシングが正しくできているかをチェックします。磨き残しのない正しい方法をアドバイスいたします。

歯周病について

成人に多く見られる疾患「歯周病」の予防・治療は、予防歯科をベースとして行います。

歯周病とは?

お口の中に溜まった歯垢(プラーク)や歯石の中で増殖した細菌から酸が発生し、歯肉の組織を壊していく病気です。
悪化すると歯を支える歯槽骨が溶け出し、歯が抜け落ちることもあります。
歯周病は、成人の約8割が罹っているともいわれています。

歯周病が体に及ぼす影響は?

歯周病に罹ると歯や歯茎が悪くなるだけでなく、全身にも大きな影響を与えています。
具体的には、歯周病菌が血液を通して全身を巡ることにより、心臓や循環器系の疾患、糖尿病の発生や悪化にも大きく関係するといわれています。

歯周病の症状は?
  • 歯茎から出血する
  • 歯茎が赤く腫れる
  • 口の中がネバネバする
  • 口臭がきつくなる
  • 歯が長く見えるようになった
  • 歯がグラグラする など

歯周病の治療法は?

歯周病の治療は、お口の中の「除菌治療」を徹底することが第一となります。
顕微鏡検査によって細菌の種類などを検査し、有効な薬剤や歯磨き剤を使って治療を行います。
また、予防歯科を用いることが治療に直結するため、定期的な歯石除去、ブラッシング指導なども合わせて行います。

レーザー治療も取り入れています

特殊なレーザー光を患部に照射するだけで、歯周病に見られる歯茎の炎症を抑え、切開を伴う治療での止血効果や痛みを抑える効果があります。

ご予約・ご相談はお気軽に

  • お気軽にお問い合わせください 0968-74-4133
  • 24時間受け付けています メールでのお問い合わせ
  • 0968-74-4133
  • web予約